タバコによる血行不良が薄毛に

薄毛を引き起こしてしまう生活習慣としてはタバコがあります。タバコは百害あって一利なしと言われるほど身体にとっては悪いものです。身体に悪いものが頭皮に良いわけがありません。ただ、理由はそれだけではなく、明確な理由があるのです。

タバコを久々に吸った、という方は少なくないかもしれませんが、そんな時には一瞬クラッとすることがあるでしょう。それはタバコに含まれるニコチンの影響です。

ニコチンを大量に吸い込むと一時的に血管を収縮させてしまいます。そのため、一時的に脳に酸素が行かなくなる、いわば酸欠状態となってクラッとするのです。

タバコを慢性的に吸っていると、常にこのような状態、つまり血液の流れが悪くなっている状態になってしまうのです。そのため、毛母細胞に栄養が行かなくなり血行不良で薄毛になってしまうというわけです。

タバコを吸う男性

また、タバコを吸うと、活性酸素が多く発生してしまいます。活性酸素は皮脂の粘性を高くしてしまう性質があり、これにより皮脂が毛穴につまりやすくなってしまうのです。こういった事からも薄毛になるのです。その他にはタバコによりさまざまなビタミンを消費してしまうことになり、毛母細胞に行く栄養までも失われてしまうのです。

よくタバコを吸い過ぎる方のいいわけとして「ストレスが溜まるから吸った方が良い」なんてことを聞きます。確かにストレスも薄毛の原因と言われていますが、その影響はそれほど大きくありません。ですので、ストレス発散はタバコではなく他の方法でしてタバコは今すぐにでもやめた方が良いでしょう。

マイナチュレは女性専用育毛剤です

運動不足による薄毛

20代後半くらいから、薄毛が始まると言われていますが、その原因の一つとしては運動不足があります。

若い頃は頻繁に運動をしていますが、歳を取るにつれてどんどん筋肉が衰えるということもありますし、仕事が忙しくて運動もしなくなってくるものです。

運動不足で薄毛になるなんて、と思う方もいるかもしれません。ですが、運動不足が肥満を引き起こすという事は多くの方が承知していることではないでしょうか。実はその肥満が薄毛に関係が深いのです。

肥満になるという事は脂肪分が多くなるという事です。脂肪は皮下脂肪として溜まるだけでなく血管の中にも入り込んでしまうのです。そうなると俗に言うドロドロ血液になってしまうわけです。このようにドロドロ血液になってしまうと、当然血液の流れは悪くなり、髪の毛にも栄養が行かなくなるというわけです。

肥満を解消することは何も薄毛対策だけに効果があるわけではありません。肥満になると生活習慣病などを引き起こすリスクも高くなり、重症化してしまうと命の危険にも関わる深刻な問題なのです。たかが肥満と思っていると大変なことにもなりかねません

ただ、薄毛対策、生活習慣病対策として運動をするのはいいことですが、運動をした後はしっかりと頭皮ケアを行わないといけません。汗をかいたままの状態でいると、そこから炎症を引き起こし逆に薄毛を引き起こしてしまう可能性もあるからです。

急に始めると長続きしませんから、少しずつ出来る事から始めてみるといいでしょう。

全身脱毛をおすすめする理由は、安いからです

睡眠不足が薄毛を招く

薄毛を引き起こしてしまう生活習慣の乱れとしては、睡眠不足があります。睡眠は休息を取るためにも健康を維持するためにも欠かせないもの、ということは誰しも知っている事かと思います。もちろん薄毛にも睡眠不足が悪いだろうな、という事くらいは知っているでしょうが、そこまで深刻に考えている方も少ないのではないでしょうか。

髪の毛は毎日少しずつ伸びていくものですが、24時間いつでも同じスピードで伸びているわけではありません。時間によって伸びが変わってきます。一番髪の毛が成長する時間帯というのが夜なのです。

よく肌のゴールデンタイム等という言葉を耳にします。その時間とは夜の10時〜午前2時までの4時間と言われていますが、頭皮も肌ですから同じようにこの時間帯は髪の毛が一番成長するゴールデンタイムと言えます。この時間帯にしっかりと身体を休めていると栄養の多くが髪の毛に行きわたり成長していくのです。

寝不足の男性


睡眠不足の方のほとんどが、夜寝るのが遅いことでしょう。場合よっては午前2時くらいまで仕事をしている、なんて人もいるのではないでしょうか。それだと一番髪の毛が成長する時間帯に休んでいないわけですから、当然髪の毛の成長は悪くなってしまいます。

また、睡眠不足は自律神経の乱れを引き起こし、血行不良を引き起こします。これによっても薄毛を引き起こしてしまうのです。また、睡眠不足になると思わぬ失敗をしてしまうこともありますし、精神的にも不安定な状態になりイライラしてしまいます。これも薄毛を招く要因になります。

永久脱毛は、多くの女性におすすめです

食生活の乱れが抜け毛を増やす!?

薄毛を引き起こすのは身体の内部からの影響がやはり強いと言えます。その身体の調子を左右するのが毎日の食生活です。そのため、毎日の食生活の乱れが薄毛を引き起こすといっても過言ではありません。

しっかり食事をしているのに薄毛になる、と思う方も少なくないかもしれませんが、その食生活に問題がある場合があります。食事は大量に摂取すればいいというものではなく、その質に問題があるのです

最近は特に食生活が欧米化していると言われます。欧米食というのは昔から肉類や乳製品などのような動物性食品がメインです。こういった動物性食品は脂肪分が多く、肥満になりやすいのです。

脂肪分を多く摂取すると、血液中にも脂肪が入り込み、ドロドロ血液になりやすくなります。それにより血行不良で薄毛になるというケースが増えているのです。

ハゲに驚く男性

もちろん、こういった食品にも髪の毛の成長、身体の疲れを取るのに必要な栄養素も含まれているので、食べてはいけないという訳ではありません。あくまで、控え目にして日本食も取り入れるという事が大切になります。

また、最近はダイエットで食事を極端に制限するという方も増えています。食事を制限すると、身体は命を守るために命には直接関係しない髪の毛には栄養をいかなくしてしまうこともあります。それにより栄養不良を引き起こして薄毛になる事もあります。

同じように、栄養価のほとんどないインスタント食品やレトルト食品なども同じような現象が起こります。ですので、栄養バランスの良い食生活が薄毛対策には重要になってくるのです。

ポリピュアの成分が増えました